総合旅行業務取扱管理者は国内と海外の両方の旅行業務を取り扱う

104484.jpg

「総合旅行業務取扱管理者」とは、国内・海外旅行を取り扱っている旅行会社などでは、かかす事のできない資格です。
この「総合旅行業務取扱管理者」という資格は国家試験を受けなければならなく、合格すると国家資格扱いになります。

「総合旅行業務取扱管理者」の主な仕事内容は、国内のみならず海外での旅行業務を取り扱う事ができます。
「国内旅行業務取扱管理者」と違う点は、国内旅行業務管理者の場合は国内旅行のみしか取り扱う事ができません。

しかし「総合旅行業務取扱管理者」の場合は、上記にも記しましたが、国内・海外の旅行業務も取り扱える上、更に国内旅行のみを取り扱う会社に入っても「総合旅行業務取扱管理者」については資格を使用する事ができるのです。

主な仕事内容は、国内・海外の旅行の企画・旅行の安全確保・旅行者の利便の増進・航空チケットの取扱・旅行の添乗などといった事がおもな仕事内容です。
企業によって、仕事内容など異なることがあることもあるでしょう。

最初にもいいましたが、国内・海外旅行会社を運営していく上で欠かすことのできない資格がこの「総合旅行業務取扱管理者」なのです。

現在、旅行会社には10名以上従業員がいる場合、この資格保持者を2名以上選任することが定められているのです。
大手の旅行会社には支店などがあるかと思いますが、その支店にも必ずこの資格を持つ者を選任しなければならないのです。
ですから、国内・海外を取り扱う旅行会社には欠かすことのできない資格というわけです。

旅行の楽しみは非日常の景色や生活を楽しみ色々な知識を吸収することにあります。
なかでも旅行の食事は格別。
普段お眼にかかれない豪華で珍しい料理や高級レストランを堪能するって最高ですよね。


全国の1泊千円以下の豪華施設付きお宿リストはこちら  ⇒




世界旅行 びっくり法律旅行社
朝日旅行 秘湯

総合旅行業務取扱管理者の試験内容と日程

1264718448N6W0W4.jpg

「総合旅行業務取扱管理者」の試験内容と日程をご紹介します。参考にしてください。

「総合旅行業務取扱管理者」の試験は、全国旅行業協会によって年1回、例年10月に実施されています。

実施都市は、札幌・仙台・名古屋・大阪・広島・福岡・沖縄の全国8箇所で行なわれております。

受験資格については、誰でも受験することができます。

試験内容については、
@ 旅行業法及びこれに基づく命令
A 旅行業約款、運送約款及び宿泊約款  
B 国内旅行実務(JR・国内主要航空会社・旅館などの運賃の計算・国内観光地地理)
C 海外旅行実務(国際航空運賃計算・出入国管理法令・出入国に関する実務・
         海外観光地理・英語)  

などの4教科になっています。
 
試験科目の免除についてですが「国内旅行業務取扱管理者」の資格を持っている方については「旅行業法令」「国内旅行実務」の2科目が免許されます。
又、昨年の総合試験で不合格になった方でも「国内旅行業務」「海外旅行業務」が合格点に達していればその科目は免除になります。

合格発表は、例年では11月下旬頃になっています。
受講料は、例年ですと6,500円になっています。

合格率は約15%と「国内旅行業務取扱管理者」の半分ほどになっているようです。

全国の1泊千円以下の豪華施設付きお宿リストはこちら  ⇒



社員旅行 知恵
社員旅行 法律

国内旅行業務取扱管理者は国内旅行のみを取り扱う

130306.jpg

「国内旅行業務取扱管理者」とは、旅行会社などでとてもかかす事のできない資格です。
ちなみにこの「国内旅行業務取扱管理者」という資格は、国家試験を受けなければならなく、合格すると国家資格扱いになります。

「国内旅行業務取扱管理者」の主な仕事内容は、上記にも記しましたが、国内旅行業務だけを扱う事ができます。
また内容については、国内旅行の企画・旅行の安全確保、旅行者の利便の増進・旅行の添乗といったこともする事もあります。
その企業によっても、仕事内容は様々かと思いますが大まかにいうとこういった仕事をすることになるでしょう。

「国内旅行業務取扱管理者」は旅行会社においてかかすことのできない資格なのです。
この資格は国によって10名以上の企業の場合2名選任することが義務付けられています。
よってこの「国内旅行業務取扱管理者」の資格を持つものがいなければその旅行会社は業務を運営することができないのです。

旅行は少なくともひとの命を預かる仕事ですので、こういった資格を各企業ごとに配置されているということはとても安心して旅行を楽しむことができるのです。

その為にも、「国内旅行業務取扱管理者」は重要な職業だという事ができます。

全国の1泊千円以下の豪華施設付きお宿リストはこちら  ⇒




修学旅行 知恵
修学旅行 人気スポット

国内旅行業務取扱管理者の試験内容と日程


「国内旅行業務取扱管理者」の試験内容と日程をご紹介します。

「国内旅行業務取扱管理者」の試験は、全国旅行業協会によって年1回、例年9月に実施されています。

実施都市は、札幌・仙台・埼玉・東京・名古屋・大阪・岡山・大宰府(福岡)・宜野湾(沖縄)
と全国9箇所で行なわれております。

受験資格については、誰でも参加することが出来ます。

試験時間については、前年では13時30分〜15時30分まで。

試験内容については、@ 旅行業法及びこれに基づく命令
          A 旅行業約款、運送約款及び宿泊約款
          B 国内旅行実務
            (1)運送機関及び宿泊施設の利用料金その他の旅行実務に関する料金
            (2)旅行業務の取扱いに関する実務処理
の3科目になっています。

試験科目には一部免除を受けられることができる方がおり
本年度又は、昨年度の「国内旅行業務取扱管理者研修」修了者には
「国内旅行実務」免除。
または、昨年度「国内旅行業務取扱管理者試験」の「国内旅行実務」において
合格点に達した者にも「国内旅行実務」を免除されます。

気になる合格発表については、例年では10月末から11月上旬頃になります。
結果の通知は合否に関わらず、受験者すべてに文書で郵送されます。

受講料は、例年ですと5,800円になっています。

補足ですが、合格率は約30%と非常に厳しい試験になっているようです。

全国の1泊千円以下の豪華施設付きお宿リストはこちら  ⇒




修学旅行 京都
卒業旅行 旅行プラン

旅行業務取扱い管理者には2種類がある


現在人気の「旅行業務取扱管理者」には主にわけて2種類あります。
旅行業務取扱管理者には毎年1回観光庁が行なう国家試験があり合格しなければならない。

「旅行業務取扱管理者」は、資格を取ったあと、どんな仕事をしていくのか気になるかたもいらっしゃると思いますので大まかにまとめてみました。

まず、「旅行業務取扱管理者」とは、旅行に関する事をすべて把握しなければならない資格で、旅行会社では必至の資格です。
商品の販売・旅行の企画・旅行の日程管理などを行ないます。

先に述べた「旅行業務取扱い管理者には」2種類あると言いましたが
1つ目は「国内旅行業務取扱管理者」と
2つ目は「総合旅行業務取扱管理者」があります。

1つ目に述べた「国内旅行業務取扱管理者」とは
国内旅行業務のみを扱う事ができる資格です。

2つ目に述べた「総合旅行業務取扱管理者」とは
国内と海外の両方の旅行業務が扱う事ができる資格です。

海外・国内と2つの旅行を扱つかう企業には「総合旅行業務取扱管理者」を配置することが定められおり、名義貸しなどは固く禁じられています。

従業員が、10以上を越す企業などでは、1人ではなく2名以上を配置することが定められています。

旅行会社に就職を考えている方は、やはり海外・国内と扱える「総合旅行業務取扱管理者」の資格を取得したほうが
なにかと有利になるかもしれませんね。

全国の1泊千円以下の豪華施設付きお宿リストはこちら  ⇒





旅行業務取扱管理者 試験
学生旅行

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。