旅行業務取扱管理者の試験

旅行業務取扱い管理者には2種類がある


現在人気の「旅行業務取扱管理者」には主にわけて2種類あります。
旅行業務取扱管理者には毎年1回観光庁が行なう国家試験があり合格しなければならない。

「旅行業務取扱管理者」は、資格を取ったあと、どんな仕事をしていくのか気になるかたもいらっしゃると思いますので大まかにまとめてみました。

まず、「旅行業務取扱管理者」とは、旅行に関する事をすべて把握しなければならない資格で、旅行会社では必至の資格です。
商品の販売・旅行の企画・旅行の日程管理などを行ないます。

先に述べた「旅行業務取扱い管理者には」2種類あると言いましたが
1つ目は「国内旅行業務取扱管理者」と
2つ目は「総合旅行業務取扱管理者」があります。

1つ目に述べた「国内旅行業務取扱管理者」とは
国内旅行業務のみを扱う事ができる資格です。

2つ目に述べた「総合旅行業務取扱管理者」とは
国内と海外の両方の旅行業務が扱う事ができる資格です。

海外・国内と2つの旅行を扱つかう企業には「総合旅行業務取扱管理者」を配置することが定められおり、名義貸しなどは固く禁じられています。

従業員が、10以上を越す企業などでは、1人ではなく2名以上を配置することが定められています。

旅行会社に就職を考えている方は、やはり海外・国内と扱える「総合旅行業務取扱管理者」の資格を取得したほうが
なにかと有利になるかもしれませんね。

全国の1泊千円以下の豪華施設付きお宿リストはこちら  ⇒





旅行業務取扱管理者 試験
学生旅行

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。