旅行業務取扱管理者の試験

国内旅行業務取扱管理者の試験内容と日程


「国内旅行業務取扱管理者」の試験内容と日程をご紹介します。

「国内旅行業務取扱管理者」の試験は、全国旅行業協会によって年1回、例年9月に実施されています。

実施都市は、札幌・仙台・埼玉・東京・名古屋・大阪・岡山・大宰府(福岡)・宜野湾(沖縄)
と全国9箇所で行なわれております。

受験資格については、誰でも参加することが出来ます。

試験時間については、前年では13時30分〜15時30分まで。

試験内容については、@ 旅行業法及びこれに基づく命令
          A 旅行業約款、運送約款及び宿泊約款
          B 国内旅行実務
            (1)運送機関及び宿泊施設の利用料金その他の旅行実務に関する料金
            (2)旅行業務の取扱いに関する実務処理
の3科目になっています。

試験科目には一部免除を受けられることができる方がおり
本年度又は、昨年度の「国内旅行業務取扱管理者研修」修了者には
「国内旅行実務」免除。
または、昨年度「国内旅行業務取扱管理者試験」の「国内旅行実務」において
合格点に達した者にも「国内旅行実務」を免除されます。

気になる合格発表については、例年では10月末から11月上旬頃になります。
結果の通知は合否に関わらず、受験者すべてに文書で郵送されます。

受講料は、例年ですと5,800円になっています。

補足ですが、合格率は約30%と非常に厳しい試験になっているようです。

全国の1泊千円以下の豪華施設付きお宿リストはこちら  ⇒




修学旅行 京都
卒業旅行 旅行プラン

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。